グリーンハンド|東京・渋谷・埼玉の結婚相談所 : ブログ

母親の悲痛な願い・・・

2011年11月2日 9:29

こんにちは。グリーンハンド結婚相談所 沖野です。

先日お問合せの電話が掛かってきました。

電話に出た途端・・・

お名前・住所・電話番号を名乗られてびっくりしたのですが、

その声はかすれてとても聞き取りにくいものでした。

ご病気をされて体調が悪いそうです。

54才の息子さんをご自分が生きている間に結婚させて上げたいと言う

母親からのお電話でした。
お金も私が払いますからどうか良い方をお世話頂きたいと必死のご様子でした。

息子さんは、○○大学を卒業されて一流企業の○○○に一回も転職されず

真面目にお勤めになっているとの事。

背も高く年は取りましたが顔もハンサムとのお話でした。

お住いも新宿の事務所より電車で一駅の便利な所に広いお家にお住いのようです。

でも結婚が決まり同居は難しいようでしたらアパートも持っているので

そこへ住めばよいので心配は要りません・・との事。

しかし 私共にとりましては ご本人が結婚したいと思っているかどうかが一番の問題です。

その事を確認致しました所、この頃は少しはその気がある様だと思われるそうです。

一度ご本人に確認させて頂きたいのでお電話させて頂く事になりました。

夜も決まった時間にきちんとお帰りになるそうですので、

その日の8時前後にお電話をさせて頂くお約束をいたしました。

その日の8時前にお電話をしましたらすぐお母様が出られました。

息子さんが帰ってきてすぐお話したようです。

私からお電話が掛かってくることを・・・。

そうしましたら烈火の如くお怒りになって、”よけいな事するな”としかられたそうです。

お母様は、”ダメでした。お手数お掛け致しましてすみませんでした”と本当に力なく

かすれた声で謝ってくれました。

又 気持ちが治まった頃に話して見ますと・・・

かすかな望みをこれからに繋げたのでしょうか?

お母様に慰めの言葉がやっとでした。

親の気持ちはなかなか分かってもらえないのですね。

親が子供を思う気持ちは永遠の片思い・・・本当にそうですね。

あらためてつくづく思いました。

大分前ですが、読売新聞の編集手帳というコラムの下記広告文に

感動し涙をこらえた方も多かったのではないでしょうか!

親が子を思う情はいつの世にも“永遠の片思い”であるという。

片思いに答えられる頃には親はいない。

墓前にたたずめば人は誰もが、

“ばかやろう”となじってもらいたい親不孝な息子であり、娘であろう。

結婚活動をしてみようとお思いの方は一度、無料相談にお越しください。

グリーンハンド結婚相談所 沖野

お見合で一目惚れ!

2011年9月13日 17:17

グリーンハンドの沖野です。

お見合で一目惚れをされた方のお話です。

土曜日のお見合いでの事です。
当方、女性会員41才でお相手の男性は50才。9才違いのお二人です。
お申込みを頂いた時のプロフィールを見て・・・・・

”初めて早くお会いしてみたいなぁ~と思いました。
なぜか直感がピンと ^^ きました。”

・・・・・とお見合OKのお返事がきました。

お見合当日はお二人で新宿のホテルのティールームでケーキセットを頂いたそうです。
男性が明日はお仕事で早いので早めに切り上げる事になり、新宿駅までお話しながら
歩いたのですが・・・・

別れがたかったのでしょうか・・・

そのままお話しながら新宿駅周辺を歩き回ったそうです。
喉が渇いたので軽く軽食を取り、別れたそうです。

帰路、早速彼からは”交際希望”でお返事がきました。
女性が家に着いた頃に電話した所 ”沖野さん 私、何かふわふわしていて変なんです・・・
時間もあっという間に過ぎてしまい、お話した事もあまりよく覚えていないのです・・・
夢見心地の様子・・・・・私も長くこの仕事をしていますが初めての経験です。
お相手のプロフィールを見直しながら、いろいろ大変な事もありそうな方でしたので
確認しましたが ”一切 気にならない” そうです。

やはり条件ではなく好きになる事がすべてのマイナス面をクリアしてしまうのですね。
このまま順調に交際が続き成婚に至る様見守りたいと思います。

確かにファーストインプレッションは成婚に繋がる確率は高いです。
何年か前ですが、お見合後の連絡で”今日のお相手は久々のヒットです”・・・・と・・・ お見合の後も話が終わらず夕食もご一緒してそのまま交際後成婚された方もいました。
今では男の子の優しいママです。
男性側と女性側の受け取り方もさまざまですね。
いずれにしても皆様が一日も早くときめきを感じる方に巡り会えます様、頑張りたいと思っています。

 新宿の結婚相談所 グリーンハンド

沖野

お見合での心構え

2011年9月1日 18:36

こんにちは!グリーンハンドの沖野です。

この頃のお見合現場でよくあるお話・・・・

新宿の京王プラザホテルでのお見合立合いでのことです。
当方は女性会員さんで、午後2時 日比谷花壇前のお約束です。
5分前頃に女性はいらしたのですが、日比谷花壇前にはどなたもいません。
ロビーを見渡しましたら柱の前に日比谷花壇前を背中にして立っている方がお写真と似ていましたのでお声を掛けました。

その方がお相手でした。その方でしたら大分前から居た方です。

ご紹介をして喫茶室にご案内して帰ってきたのですが、このケースがこの所
よく有ります。待ち合わせのお時間がきても座って本を読んでいる男性も居ました。

少なくともお約束した時間・場所には、男性から積極的に捜して声を掛けて
頂きたいと思います。その時点でお見合にかける意気込み・・しいては結婚に対する
姿勢が女性にとっても消極的に感じられます。

元気を出して是非積極的な姿勢を見せて上げて下さい。

第一印象は、とても大切です。

新宿の結婚相談所 グリーンハンド 沖野

前のページへ次のページへ